<   2008年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

アボリジニに対して謝罪

13日にオーストラリアのラッド首相は「首相として、政府として、また、議会を代表してお詫びする」と、アボリジニに対して謝罪。

f0064307_21354988.jpgオーストラリア政府は1800年半ばから1970年頃まで、アボリジニの子を親から引き離し、養育施設や白人家族に預けて育てる同化政策をとっていた。約10万人(その間のアボリジニの子の1/3)が対象となり、「盗まれた世代 (stolen generation)」と呼ばれている。

この政策を初めて知ったのは、映画「裸足の1500マイル(Rabbit-Proof Fence)」を見たとき。無理矢理親から引き離された姉妹は養育施設に入れられ、白人と同じような生活(もちろん英語)を始めるが、馴染めず、脱走してうさぎ用のフェンスを目印にひたすら1500マイル歩いて部族に戻るっていう実話。比較的最近までこの政策が続いていたというのがさらにショックだった。
f0064307_2136849.jpg
小さい子供の時に強制的に連れ去られ、その後二度と親と会えなかったり、運良く会えたとしても言葉が通じず会話ができなかったり、アボリジニの文化や慣習が全くわからず一緒に住めなかったり…。文化を問わず、子供の時に親から引き離されるというのは、親にとっても子供にとっても惨いことである。

政策を止めてから謝罪まで40年近くかかった。それでもオーストラリア人には、未だに謝罪をすることに批判的な人もいる。ハワード前首相もその一人。テレビインタビューでは教育費用を出してあげたんだから感謝すべきだという意見もあった。
謝罪したことにより、個人補償の問題もでてくる。だからこそ、大きな一歩なのだろう。
[PR]

by yokopw | 2008-02-22 21:33 | 映画  

中国の海外アニメ放送禁止時間

北京放送で、20日、国家広播電影電子総局は、全国のテレビ局に対し、すべてのチャンネルにおける海外アニメ放送禁止の時間帯を5月1日以降、これまで(2006年9月1日から実施)の午後5時~午後8時から午後5時~9時に延長しなければならないと通達をだしたとのこと。この時間帯には必ず国産アニメでないと流さないということらしい。
こんな政策をとっていたとは驚き。さらに、北京オリンピックを控えて規制を広げる方向っていうのも驚き。日本のアニメブームに危機と感じてのことなんだろうか。
[PR]

by yokopw | 2008-02-21 23:01 | ちょっと考えたこと  

「凧を追いかけて」(Kite Runner)

アフガニスタン人であるカレド・ホセイニ著のここ何年ものベストセラー。当然、映画化されて2月9日より日本でも公開されている。
ベストセラーであること以外、よく知らずにアメリカからのお土産で買ってきてもらったのだが、あっという間に引き込まれた。

舞台は1970年代のアフガニスタン。アミールとハッサンは同年代で兄弟のように一緒に育ってきたが、立場は全然違う。アミールはパシュトゥーン人(多数派で支配民族)でお父さんは勇敢でビジネスにも成功し、友達や隣人からも尊敬を集めている。一方ハッサンはハザラ人(少数派)でお父さんはアミールのお父さんの召使として働いている。
彼らの良好な関係は凧大会の日が最後となる。空に多数あがった凧がお互いに競り合い、残ったものが優勝するというのは日本と同じ。加えて、アフガニスタンでは、負けて落ちてきた凧、特に最後まで競り合った凧を手に入れると自慢できるらしく、みんなが落ちてくる凧を追いかける(kite runner)。ハッサンは、アミールのために凧を追いかけ、人気のないところに入り込み、パシュトゥーンのいじめっ子(っていうより根っからの悪)に絡まれ、レープされる。ハッサンを追いかけたアミールはこれを目撃するが恐怖から(加えて、ハッサンを結局友達とは思っていなかったからか)何もしない。
罪の意識に苛まれ、その後、アミールはハッサンを遠ざけるようになる。その後ソビエト侵攻でアメリカへ亡命。

20年後、ある電話がアミールをタリバン占領下のアフガニスタンに行くことになる。そして、最終的に、アミールはハッサンの子どもを養子に迎え、カリフォルニアで一緒に凧を上げる。

この映画はアメリカでも注目を集めている。ベストセラーをもとにしているからだけではない。出演した4人のアフガニスタンの俳優が、レープシーンが原因で脅迫されたことにより、スタジオは映画の封切を1ヶ月遅らせ、また、彼らとその家族はアラブ首長国連邦に亡命することとなったからである。下火になっていた民族間問題も、再燃するのではとの見方もでている。

これは小説であり、事実を綴ったものではないが、ここから、アフガニスタンの生活やアフガニスタン人の目から見たソビエト侵攻やタリバン政権を垣間見ることができる。例えば、凧上げはアフガンの子どもの間で人気があるとか、婚約前にデートはできないとか、夫が浮気をすれば妻の責任だとか、当初、ソビエト兵を追い出したタリバンは英雄だったが、徐々に恐怖の的になってきたとか。

9.11以降、アフガニスタンやタリバン政権についてちょくちょくニュースで聞く。小沢民主党代表が補給間をインド洋に派遣するより、アフガニスタンの陸に自衛隊を派遣するべきだとの意見を展開した作秋以来、特にである。

アメリカやNATOの要請を受け、数日前にドイツが派兵を決めたとのニュースを聞いたが、アフガニスタンの情勢は悪化しているようである。日本も人ごとではないであろう。

ところで、日本での映画のタイトルは、ハッサンがアミールに言っていた口癖、「君のためなら千回でも」である。どっちがより惹きつけるか?
[PR]

by yokopw | 2008-02-15 00:26 | 映画  

Kite Runner

“Kite Runner”, written by Khaled Hosseini, was published a few years ago and has been a New York Times best-seller. Not surprisingly it was made into a movie, which is showing at theaters. (it was released on Feb. 9 in Japan)

When I asked my friend to buy this book as a souvenir from the US, I didn’t know much about this book except a good reputation. But on receiving this book, I was absorbed in reading it.

The story is in Afghanistan in the late 70s.
Amir and Hassan are same age and grow up together like brothers but their positions are quite different.

Amir is Pashtun, the majority, and his father is a brave and wealthy businessman respected by his friends and neighbors, while Hassan is Hazara, the minority and discriminated, and his father is a servant to Amir’s father.

Their relationship ends on the day of a kite tournament.
Hassan is beaten bitterly and raped by Pashtun bullies when chasing the falling kite for Amir and running into a desolate area.

Amir, following Hassan, witnesses the incident but fails to prevent it in fear (plus, he doesn't regards Hassan a friend after all.)
Driven by guilt, Amir grows apart from Hassan and finally he and his father moves to the USA due to the Soviet invasion.

Almost 20 years have past. Amir receives a call, which brings him back to the Taliban-controlled Afghanistan and takes an opportunity to atone for his sin.

I should stop here for not spoiling in case you are interested in watching the movie or reading the book. But briefly Amir eventually adopts Hassan’s son and flies a kite together in California.

This movie gets into the news not only because its base is a million-seller book.
I happened to watch the director's interview on the ABC news, saying he pursued the authenticity in producing the movie so that casts were chosen from the Afghan, though it was shot in China.

Because of this authenticity, four of its young Afghan stars received death threats due to the rape scene and the studio had to delay the opening of the film and asked some expert to analyze the impact of this film on the region and on the casts. After all the boys’ families flee the country and live in the United Arab Emirates. It also seems to stir the sensitive race issues in Afghanistan which was rather winding down recently.

This is a novel, not fallen in a non-fiction category.
But I was able to get some ideas what the life in Afghanistan was like, and how Afghan people see the Soviet-invasion or Taliban-control from the point of an Afghan author's view.

For example, flying kites is quite popular among Afghan people, you cannot even ask out before engagement, women are not treated equally to men and wives would be blamed if their husbands have affairs, initially the Afghan people welcome the Pashtun-centered Taliban who had eventually threw Soviet soldiers away, but gradually they became afraid of Taliban.

Time to time, we have heard the news of Afghanistan and Taliban since 9.11. Especially since last fall when Japan’s Democrat Party Leader Ozawa insisted that Japan’s Self Defense Forces should be sent to the Afghan ground instead of being sent to the Indian Ocean, Afghanistan has become an issue.

In fact, in spite of international efforts, the Afghan situation is not getting better and a couple days ago, Germany decided to send troops there to comply with US and other NATO members’ request. Japan may be under the same pressure.

Though I have heard news on this country, I haven’t read a book focused on it. As the author’s father was a diplomat and moved to the USA when he was young, his ideas and values may not reflect the average Afghan people. Still this book makes me feel real what I have heard on the news.

By the way, its Japanese title is “thousands time for you”, which Hassan always says to Amir. Which title is more appealed to you?
[PR]

by yokopw | 2008-02-14 00:26 | in English