「ほっ」と。キャンペーン

<   2006年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

イノセント・ボイス 12歳の戦場 (VOCES INOCENTES)

1980年代のエルサルバドル。政府軍と、貧しい農民を中心に組織された反政府ゲリラFMLNとの激しい内戦が繰り広げられる中、11歳の少年チャバが懸命に家族を守り、生き抜こうとする姿が、実話をもとに描かれている。
f0064307_23273962.jpg
驚いたのは、当時のエルサルバドルは12歳で徴兵。それも、いきなり政府軍が学校にやってきて、12歳になった少年の名前を読み上げ、誘拐同然で強制的に連行していく。反抗する子は年齢に関係なく連れて行く。学校の先生も一応は抵抗を試みるが、武器をもった相手になすすべはない。それ程、政府軍は絶対的な権力を振るっている。なお、この政府軍を訓練しているのはベトナム戦争帰りのアメリカ兵。
f0064307_23275921.jpg
親は必死に、誕生日が来てもチャバは11歳のままと言って、彼を守ろうとする。しかし、毎日、銃弾にさらされ、信頼していた学校の先生は目の前で政府軍に暴行を受け、最終的には処刑され、初恋の女の子の家は焼かれ、好きなおじさんはゲリラ戦に加わっているという日常が、彼を自立させ、親には内緒でゲリラに志願する。
いくら親が子供扱いしても、徴兵という現実があり、いくら政府軍から逃れられたところで、家にまで銃弾が打ち込まれてくるような中で、残る選択肢として少年たちが思いつくのは、ゲリラ軍に入ること。12歳とはいえ、過酷な選択を迫られる状況が鮮明に描かれている。
f0064307_23281367.jpg
結局、チャバは政府軍につかまり、処刑される直前で幸運にも逃げ出すことができ、最終的にはアメリカに亡命する。10年以上内戦は続いていたわけで、多くの少年がよくわからないままに犠牲になっていったんだろうが、もし生き延びているとすれば、今、30歳くらいだったりすることになる。エルサルバドルは中南米の中でもかなりの経済成長をとげているらしいが、内戦の禍根が薄れるまでに、まだ後半世紀はかかるっていうことなのかな。
[PR]

by yokopw | 2006-11-30 23:28 | 映画  

スタンドアップ (North Country)

ミネソタの鉱山での実話を元にした映画。映画としてはまあまあだったかな。
f0064307_22511494.jpg
ストーリー自体は、1980年代、暴力を振るう夫から逃げ出したJosey Aimes (Charlize Theron)は、働く必要に迫られ、鉱山で仕事を見つける。だが、肉体労働で圧倒的に男社会である鉱山という職場において、数少ない女性労働者はセクハラに黙って耐えているだけ。会社社長に直訴をするが解雇され、その女性が中心となって会社を訴えるように周りを説得。誰もが知り合い、鉱山関係者がほとんどという田舎町において、当初は誰も彼女に味方しないが、徐々に彼女に賛同するものが増え80年代後半にクラスアクションを提訴。約10年後の98年に決着という話。

Julia Robers演じた映画“Erin Brockovich” に似ている(1993年にカリフォルニア州の大手企業PE&Gを相手取って訴訟を起こし、3億ドルの和解金を勝ち取るというストーリー)。 アメリカの片田舎の鉱山という最も男性中心・保守的な職場においてのセクハラ事件とはいえ、80年代後半というそう15年くらい前に起きていた話という点で興味をそそられたが、映画のストーリー展開とかは、同じく鉱山労働者で娘の行動に冷淡だった父親が娘をかばって演説に立ったところはおおおぉと思ったが(最もその点はフィクションかノンフィクションかわからないけど)、後は淡々としていてちょっと面白みに欠ける印象。
[PR]

by yokopw | 2006-11-30 22:59 | 映画  

ヒラリークリントンが圧勝

6年前に民主党の落下傘候補としてニューヨークに降り立ったヒラリークリントンは、67%の支持を得て上院議員に再選。
f0064307_21213016.jpg

もともと共和党候補を寄せ付けず楽な選挙戦だったが、財務報告によると、10月のキャンペーン期間中、共和党の候補も含めて、候補者の中で支出が$29.5百万と最多だったらしい。
これが意味していることは、1998年でのブッシュがそうだったように、圧勝で再選されることで、2008年への大統領候補へのはずみをつけるということのようだ。
もちろん、本人は大統領選についてのコメントは今のところ一切していないが、サポーターは既に“Mrs President”と呼び出しているとか。
2000年の選挙のときに、ヒラリー陣営で選挙戦を手伝っていた友人は、ヒラリーについて、頭が切れ、でも、非常に気さくでカリスマがあると絶賛していた。

ところで、財務報告によると、クリントン議員のキャンペーン支出のうち、$1.58百万はMedia Strategies and Research of Denverという民主党お抱えのPR会社への支払い。加えて$60万は、クリントン大統領のアドバイザーであったMandy Grunwaldが運営しているGrunwald Communicationsへの支払いとなっている。
[PR]

by yokopw | 2006-11-08 21:18 | leadership  

プロデューサーズ (Producers)

f0064307_234225.jpg
ミュージカルでかなり評判が高かっただけに、ちょっと期待外れ。
映画はメル・ブルックスの1968年の監督作品「プロデューサーズ」のリメイクということになるが、ミュージカルと同じディレクター、同じ歌で殆ど同じキャストらしい。

「売れないミュージカル」を作って、制作費を持ち逃げしようと、最低の脚本に最低の演出家をそろえる。それが何故か予想に反して当たってしまうというもの。ストーリーも独創的だと思うが、設定にもひねりが加わっている。主役で落ち目役のプロデューサーMax Bialystockと小心者の会計士Leo Bloomはユダヤ人という設定。さらに、誰もが「そうだよなあ~」と納得する最も売れなさそうな脚本っていうのが、ヒトラーを礼賛する「春の日のヒトラー(Springtime for Hitler)」。
つまり、ブロードウェイでお金を握っているのはユダヤ人だし、彼らが考える最低のミュージカルというのは、当然、ヒトラーの礼賛。プロデューサーにとっては最低だと思う内容のミュージカルでも、当たるかどうかは客の気分次第ということも皮肉っているのかな。

f0064307_234231100.jpg
プロデューサーMax役のNathan LaneもLeo役のMatthew Broderickも、その多芸さは十分発揮されていたと思う。また、スウェーデンの女優志望という設定のUma Thurman
もかなりインパクトがあった。
それでも、何故か、うたっている間とか、間延びしているというか、集中力がとぎれてしまうところが結構あった。

一人とかあるいは三人くらいの人数で、ドタバタ踊りながらダンスというのは、ミュージカルでは動きに惹き付けられるので、多少同じような動作の繰り返しになったりしても十分楽しいが、映画だとそういう迫力がなくなってちょっと飽きてしまった気がする。
監督は映画には初挑戦だったらしいが、やはり映画とミュージカルとでは、アピーリングポイントが違うようだ。

f0064307_2343058.jpg
とはいえ、終わり方も非常にコミカルで、「転んでもただでは起きないユダヤ人」的なところを表していて、ストーリーは最後まで面白い。
[PR]

by yokopw | 2006-11-02 23:40 | 映画