<   2006年 05月 ( 15 )   > この月の画像一覧

 

A Touch of Spice

f0064307_2234283.jpg
“スパイス”のようにエスプリが効いていて、非常に印象的な映画。

監督のタソス・ブルメティスは、1957年イスタンブール生まれで、1964年に国外退去命令によって家族と共にギリシャに移住しており、主人公ファニスの経験は、監督自身の体験のようだ。映画から生まれ育った地としてのイスタンブールへの格別の思いが伝わってくる。

主人公ファニスは香辛料店を営むおじいちゃん子。おじいちゃんは、スパイスを使いながら、ファニスに料理、教養、生活の知恵など、様々な知恵・知識を授ける。
例えば、スパイスに関して、胡椒を太陽(全ての料理に必要)、シナモンをビーナス(女性をくどくにはシナモン?だったっけ?)、塩を地球、生命、そして人生(ないと味気ないものに)と表現。

しかし、キプロス島における争いをきっかけに、トルコはギリシャ人を国外追放することを決定し、ギリシャ国籍を持つ父とともに、ファニスはおじいちゃんや初恋の相手と別れてイスタンブールを離れることになる。アテネに移住しても純粋なギリシャ人でないことから順応できず、そのことがかえってファニスのイスタンブールへの思いを強くする。おじいちゃんのアテネ訪問の話もでるがドタキャンが続き、ファニスもイスタンブールへ脱走を企てるが失敗。

おじいちゃんが危篤の知らせを聞いて、ファニスは追放されてから初めてイスタンブールへ赴く。そこで、ファニスは、自分の人生にちょっとしたスパイス(a touch of spice)が欠けていたことを発見する。

私のイスタンブールの印象は、キリスト教とイスラム教とが入り混じり、いろいろな人種の人が生活している活気にあふれ、魅力的な大都市という感じ。実際に、その40年前の政治膠着に翻弄されたファニス、あるいは監督自身の人生とイスタンブールとを重ねて見ると、激動の歴史の中心に位置しているイスタンブールの別の表情を垣間見る気がする。
[PR]

by yokopw | 2006-05-07 22:34 | 映画  

Terminal

f0064307_21195312.jpg
設定自体は面白いと思ったが、映画としては正直、全然だった。
スピルバーク監督、トム・ハンクス主演でかなり評判もよさそうだったので、期待してみたのだが、かなりがっかり。

ある東欧の国出身のビクター・ナボルスキー(トム・ハンクス)がニューヨークに向かって飛行機に乗っている間に祖国がクーデターで消滅。入国審査で、消滅した国のパスポートは無効と出国拒否をされる。彼がJFKの国際線ロビーにいる分には、犯罪を犯しているわけでもないので、ロビーから一歩外に出て不法滞在とならない限り強制出国にはならない。そこで彼はターミナルで生活を開始。

この法制度の隙間に目をつけ、ターミナルでの生活を通して、清掃者や建設作業員などのブルーワーカーに焦点をあて、ある角度からのアメリカを描こうとしている点などは面白いとおもう。もちろん、トム・ハンクスの演技もいいんだけど、それを超えて、何週間もターミナルに留め置かれているっていう設定にもかなり無理があるなど、ストーリーがよく繋がっていないし、眠気をこらえながら、見切った感じ。同じ設定でも、ストーリー展開をかえればもっと、面白くなったんじゃないかなあ。
[PR]

by yokopw | 2006-05-07 21:36 | 映画  

Sideway

f0064307_22503048.jpg
対照的な二人の男性が気儘な1週間のカリフォルニアワイナリー&女性めぐりを経て、自分自身を見つめなおすという、精神的な動きを追った映画。

マイルスは、うれない作家で離婚からの後遺症から立ち直れていない。ジャックは、これまたあまり成功していないTV俳優で、結婚を1週間後に控え、独身最後の旅に二人で出かけることに。何事にも消極的、現実逃避的、特に女性にナイーブになっているマイルスと、無鉄砲で楽観的なジャック。

若くはない二人が羽目をはずすためにふらっとでかけた1週間の旅行を経て、ジャックは元の奥さんへの感情的な固執から離れるきっかけをつかみ、結婚に揺れていたジャックも、婚約破棄が現実に迫る事件を経て、婚約者を失いたくないと自覚。


f0064307_22544061.jpg"The Hours"もそうだったが、微妙な心理描写を中心に展開するストーリを映画化した場合、映画ではうまく表現できず本の方が圧倒的によかった!ということになりがだが、"Sideway"は映画でもかなりよく表現されていたし、笑えるびっくりシーンも織り込まれていて、メリハリがきいている。心理描写映画でありながら、あんまり結末が渾然としていず、かなりシンプルにできているところは、やはりアメリカ映画ってところか。

計画性のないドライブ旅行、道路風景といい、モーテルやバーの様子など、とってもアメリカっぽい。「ワインは生きている」というワインの奥の深さも垣間見れる。観ながら、ワインを空けたくなった。
[PR]

by yokopw | 2006-05-05 22:49 | 映画  

Bon Voyage

f0064307_23353717.jpg
1940年、ドイツ軍が間近に迫ったフランス・ボルドーが舞台。危機対応で右往左往する大臣、原子爆弾の開発するユダヤ系の教授と何としても教授をイギリスに亡命させようとする助手、記者扮するドイツ軍スパイと、男を翻弄する女優ヴィヴィアンヌ(Isabelle Adjani)、女優にぞっこんの作家志望のフレデリックを中心に展開されるドタバタ喜劇。
ドイツ軍占領が迫り、さらに原爆に関係する重水をドイツ軍に渡さないよう国外を脱出しようとする教授となれば、かなり深刻な設定。それでありながら、自己中心的な女優に振り回される大臣やフレデリックとのラブロマンスが交差し、どことなく暢気さがあり、笑える。”Bon Voyage”というタイトルどおり、終わり方も前向き。
女優役のIsabelle Adjaniの嘘泣きや、うまく男性に媚びを売る様が、誇張気味で、でも、嫌味がなく、バランスがとれていてうまい。何が驚きって、彼女、当時48歳だったらしい。これはホラーに近い驚き。
f0064307_2333144.jpg
同時代の設定で、ナチス・ドイツ占領下のフランスを舞台に、プロパガンダとして存在していた映画会社・コンティナンタルにて、ナチスに抵抗しながらも映画を撮り続けた実話をもとにしたフランス映画”Laissez-passer”レセ・パセ [自由への通行許可証]』とは対照的。

f0064307_2333365.jpg
どちらかというと、ユダヤ系イタリア人で強制収容所に送られ、極限状態を舞台設定としながら、ユーモアを絶やさず、「これはゲームだ」と子どもに嘘をつき続けるというRoberto Benigniの “Life is beautiful”に近い印象を持った。
[PR]

by yokopw | 2006-05-01 23:37 | 映画  

皇帝ペンギン/ March of the Penguins

f0064307_23261757.jpg
皇帝ペンギンの1年間を追ったドキュメンタリ。
1年間という時の経過をずっと追っているのに加え、男性と女性のナレーターにフランス語で「シュポシュポ」とささやかれると、ペンギンどうしが愛を語らっているように聞こえ、ドラマ性を感じる。
f0064307_23231582.jpg
丸っこくて、短い足でヨチヨチ歩く、のんびりとしたイメージのペンギンだが、極寒地でのかなり過酷な生活。イメージとのギャップが大きい。
100キロもの長い道のりを20日間かけて歩き、出産地に赴く。そこで、求愛し、卵を産み、ママがエサをとりに戻っている間、パパがひたすら卵を温める。

驚きだったのは、産んだ卵をパパに渡すところ。当然、足でキックするしか方法がないが、ママの足を離れてすぐにパパが卵をキャッチし、足の上に乗せないと、卵が凍ってしまう。実際、キャッチに失敗して凍ってしまった卵も。
f0064307_23223078.jpg
また、卵から孵った赤ちゃんペンギンの敵はいっぱい。鳥に自分の子どもを襲われ、食べられてしまった親が、気が狂ったのか、他の親から赤ちゃんを取り上げようとしている場面もあった。
動物の映像は「スナップショット」でみること多いが、ライフスパンで見ると、発見も多い。
[PR]

by yokopw | 2006-05-01 23:28 | 映画