<   2006年 04月 ( 14 )   > この月の画像一覧

 

ヒトラー「最後の12日間」/ The Downfall

f0064307_20584921.jpg
ヒトラーの私設秘書Traudl Junge(当時22歳)の視点から、ヒトラーが追い詰められ自殺するまでの12日間が描かれているこの映画は、彼女自身のインタビューで締めくくられる。

"I realized that she (Sophie Scholl)
was the same age as me,
and I realize that she was executed
the same year I started
working for Hitler. At that moment,
I really sensed it was no
excuse to be young and that
it might have been possible to find out what was going on." --

ゾフィ(ミュンヘン大学の学生で反ナチのビラを学内にまき逮捕・処刑)と私は同じ年齢で、私がヒトラーの秘書を始めた年(1943)に彼女は処刑された。若かったというのは全然言い訳にならない。何が起きているのか、知る方法はあったであろうに… Traudl Junge:Hitler's Secretary

ヒトラーを一人の人間として描く時期にきているのかどうか、ドイツ国内でも非常に議論をよんだ作品である。
f0064307_2052283.jpg
なんといってもヒトラー役のBruno Ganzの演技がすごい。ちょっと猫背気味、パーキンソン病からくる指の震え、急に怒鳴り散らす荒い気性。ベルリン市内に迫るソ連軍を前に打つ手を失い、現実と妄想とが入り交じって滅茶苦茶な指示をする様は、常軌を逸した冷酷な独裁者というより、追い詰められた一人の人間の行動として、ある意味、違和感なく受け入れられる。
Ganzは「自分で役に共感をもてず、さらに、人々にヒトラーという人物像に共感をもたせることができなければ、役者として自分は失敗したということだ」とコメントしている。

一方、違和感ありまくりなのが宣伝大臣ゲッペルスとその家族の存在である。ヒトラーを信奉し、ヒトラーが指揮不能に陥っているのが分かっていても、なお、狂信的に従い続ける。何かにとりつかれているような、そんな怖さを感じるとともに、彼に対する興味がわく。
ゲッペルスは、ヒトラーとエヴァ・ブラウン(自殺直前に結婚してヒトラー夫人となる)の自殺を見届け、6人の子供に青酸カリを与えて殺した後、夫人とともに自殺する。

ゲッペルスについては、“The Goebbels Experiment”という映画が昨年、ドイツで製作されている。1924年から1945年までの彼の日記をもとに、自分に語りかけるような構成になっているようだ。

ドイツでは、ここ数年、次々と第二次世界大戦でのタブーに挑戦する映画が製作されている。いちいち賛否両論起きているようだが、タブーに向き合い、議論をし続けることがいかに大変かは、日本人だからこそわかるし、また、日本との差を感じずにはいられない。
[PR]

by yokopw | 2006-04-05 21:02 | 映画  

Google、検索結果の順位を下げたと訴えられる

3/18のニュースだが、子供に関するあらゆる情報を集めているサイト、KinderStartが、Googleに対し、理由も警告もなく検索結果のランキングを下げたことにより不当に顧客を奪ったと、米カリフォルニア地裁に提訴。損害賠償とGoogleがどうやってサイトのランクをつけているかという情報提供を請求。

Googleは特許を取得している検索ランキングシステムは営業秘密であると徹底的に防衛する構えで、また、検索結果の提示に仕方はGoogleが決める権利があると主張。

一方、KnderStartは2005年3月にGoogleが前触れもなく同社の検索ランキングを変更したことにより、70%の顧客(サイトへのアクセス者)を失い、結果、80%の利益減となったと主張。KnderStartと入力すると、YahooやMSNなど他の検索エンジンではトップにくるとのこと。また、ウェブ検索の独占的地位を占める企業として、GoogleはKinderStartのサイトの内容を表示する検索結果をださないことにより、憲法で保障されている表現の自由を奪っているとも。

Googleでの検索結果が上位にくるよう手助けするビジネスは既に存在しているが、検索結果が上位にくるように小細工をしているサイトに対しては、Googleは不利益な取扱いをしているらしい。

表現の自由とは大げさな・・・とも思ったが、世界中のサイトの検索という市場をこれだけ独占してくると、「公器」としての役割が期待されてくるのは当然。検索結果のランキングがいかに公平になされているかっていう説明責任を求められてくることになるのであろう。公平性が疑われれば、最終的にはGoogleの信頼が失墜することになるわけだが、例えば、ある検索単語で結果がヒットしないと、不当な取扱いを受けているとして損害賠償請求を受けるとか、あるいは、独占禁止法の適用なんてこともあり得るのかなあ。
[PR]

by yokopw | 2006-04-04 19:44 | PR  

Train Man / Densha Otoko

Finally watched a movie “Train Man,” adapted from the best selling
book and became a huge hit in 2004-5 in Japan.

f0064307_2363928.jpg
This is the true life story of a geeky young man who
happens to meet a girl on the train and post
messages on a huge internet discussion board for
some help. A million internet users follows the
Train Man's romance, giving him advices on how to
impress the girl and take her out on dates, which leads to a happy end.

Train Man belongs in the so-called "Akiba-kei" category: a term that
describes nerdy looking men who hang out at Akihabara (the famous
electronics area in Tokyo) all day, obsessed with video games and
computers.

He happened to be on his way home when he saw a girl harassed
by a drunken passenger. Though far from a “hero” type,
he stood up to protect her. She thanked him and asked
his address “to return a favor”.
A few days later, Train Man receives a “Hermes tea cup”.
Now he turns to the internet forum, using the alias
Train Man for advice on how he should contact with
Hermes and the romance between Train Man and
Hermes is moving ahead on the internet
as well as in the real life.

What I found interesting in this story is the combination
between the real life and the virtual community.
Though Train Man may not be able to change himself and
grab a chance without virtual community’s push and support,
the basic storyline is amazingly very classic;
defending a girl and falling in love.
He starts from memorizing and drilling the lines in dating
like learning convresation in other languages.
Indeed, he is stepping out of the e-communicty where he finds it
easier and more comfortable to communicate
by getting advice from this community
and learning skills and manners how to talk with a girl,
how to understand her and how to believe himself.

We are getting broader range of channels and tools to contact
others, but the basic elements how to communicate others
may not be changed; having interests in others, trying to
understand others and building up self-confidence.

Or like the world of tomorrow illustrated in “Demolition man”
(where people make love through virtual device, since touching
others is “nasty”) the way how people love would be changed
fundamentally??
[PR]

by yokopw | 2006-04-02 23:08 | in English  

ネットワーキングはアメリカ人の特質??

今日、梅田望夫さんの「ウェブ進化論」をたまたま書店で発見。興奮して即購入。Googleっ
てみたところ、梅田さんのブログにたどり着き、まず、アメリカの大学生のネットワーキングについて記述が目に留まった。
 
僕がなぜ「アメリカの大学生のネットワーキングの凄さ」を取り上げたかというと、 これはアメリカという国の成り立ちとも密接に関係するが、次のような前提があるからだ。
・アメリカは徹底的なエリート社会、競争社会(二極化、格差社会は当然の前提)で、高校生くらいから「エリート」は自覚を持って、きわめて戦略的に生きる。好き嫌いは別として。
・特に富裕層の子弟が小中高と受けている教育は、はたで見ていてもやっぱり凄いなぁと思うことがよくある。「考える」ことと「表現する」ことを徹底的に仕込んでいるような気がする(アメリカ全般で言っても、上位の学校はだいたいそうらしいけれど)。また彼ら彼女らが進むトップクラスの大学の教育レベルも世界的にみて高い。しかも大学間で競争がある。
・日本に比べてアメリカは、大学を出て十年から十五年で、若いエリートたちが社会の中枢(大組織内)でかなりきちんと大きな仕事をし始める。だからエリート大学生の間で、もし新しいワーキングスタイルや考え方が広く定着するのならば、変化を好まないことでは洋の東西を問わない大組織も、米国では案外早く変化するしれない。

なるほど。アメリカの大学生のネットワーキングが凄いのは確か。でも、これってアメリカという国の成り立ちとか、アメリカ人としての特質といったような根本的なものというより、キャリア制度とかもっと表層的な社会制度の問題なものなのではないかと。っていうのも、アメリカ人って、人間関係はかなりドライ。何人かのアメリカ人とハウスシェアをしたこともあるが、結構その場限り。職場でも帰りに何となく一杯、、なんてことはない。高校卒業以降、大学、就職、転職、大学院、また転職、と広い国土を転々とするからかもしれない。彼氏・彼女といった"significant others"を常備することでバランスをとっているのかなあって思ったこともある。
一方で、“ネットワーキング”は一つのキャリアスキルと位置付けられていて、在学中も、"ネットワーキング”イベントがいろいろな開催されていたし、大学の同窓会組織などもしっかりしていて、卒業しても月に1回くらいメールやら手紙やら、寄附のお願いやらいろいろ届く。
これには合理的な理由があり、就職、あるいは、そのポストを維持するためには、ネットワークが有効だからである。

日本の学生も、大学名で就職し、終身雇用・年功序列で働いていた頃とはだいぶ変わり、今の大学生はもっと戦略的に将来のことを考えているし、そういう観点から人脈作りに対する意識も変わってきていると思う。社会人の中でも、流動性が高いIT業界などは、社長間のネットワーキングなども活発なようだ。今後、日本でもネットワーキングがスキルとして認識されてくるような気がする。

ということで、これから、読書開始!
[PR]

by yokopw | 2006-04-01 12:24 | communication