カテゴリ:芸術( 4 )

 

ピカソ展

国立新美術館、思ったよりも良かった。

印象に残ったのは、並んで展示されていた二人の女性の肖像画。1937年の同時期にかかれているんだけど、なんと、この二人とも愛人。
「ドラ・マールの肖像」f0064307_23473129.jpg
     「マリー=テレーズの肖像」
f0064307_23482036.jpg












ドラ・マールがシャープできりっとした線で描かれているのに対し、マリー=テレーズは、ピカソの娘を生んでいることもあってか、やわらかく丸みを帯びていて、あわい色を基調として描かれている。
ドラ・マールは写真家で、この時期制作された「ゲルニカ」を撮影したというエピソードも残っているが、この二人の女性はゲルニカの前で大喧嘩をしたこともあったとか。

また、ピカソは終始政治的な事柄を絵に書くことはあまりしなかったようだが、スペイン内戦だけは別格だったようである。フランコ将軍を愚弄した漫画のような絵「フランコの夢と嘘」もなかなか興味深い絵であった。
f0064307_0274359.jpg
f0064307_028359.jpg









ちょっと見にくいけど、左側の馬にまたがってドンキホーテのごとく浮かれているのがフランコ将軍。で、その右側に悲惨な現実が描かれている。
「朝鮮の虐殺」と朝鮮戦争を題材に、戦火の悲劇を描いているのも初めて知った。

90歳前後になって描いた「家族」や「母と子」といった絵も展示されていたが、この年齢になっても、目を見張るような色使いは全く衰えず、驚くばかり。

彫刻や工作品も置いてあって、彼は「自分が見たものを印象に残ったとおりに再現する」ということについて、絵画に限らずありとあらゆる手法を使って試みていたんだということを感じた。

相当気まぐれ、わがまま(でも、それが魅力?で数々の魅力的な女性をゲット?)な感じのピカソだが、天才は絵画にしても彫刻にしても、何でもできるんだなぁと改めて実感。
[PR]

by yokopw | 2008-12-01 00:22 | 芸術  

ゴキブリのアクセサリー

f0064307_10583670.jpg

彼女がしているネックレス、なんとゴキブリ!
といっても、日本で目にするものではなく、南米のもっと大きい種類のもの。
生きているゴキブリの背中にかーなり高級な宝石を貼り付けているもので、
他にもブローチ(rouch broach)として、お尻に鎖をつけて
動くブローチにしたり・・・
f0064307_11421132.jpg
でも、既に2年くらい前からアメリカで出ているようなので、
日本ではさすがに流行らないってことなのかな。
よかった、よかった(^^)
[PR]

by yokopw | 2008-07-27 11:02 | 芸術  

シザーハンズ/ Edward Scissorhands

Matthew Bourne振り付けのシザーハンズを見てきた。
f0064307_2330854.jpg
歌いながら踊るようなミュージカルをイメージしていたが、会話や歌は何もなく、ひたすらダンスや動きで表現する舞台となっていた。会話も何もないのに主要な役以外にもいろいろな登場人物のキャラクターがしっかり表現され、動きや衣装などコメディータッチで、面白さと悲しいストーリーがブレンドされている感じだった。ダンスの見せ場としては、自分の手が普通の手だったらという想像のシーンを個性的な格好をした木に囲まれながら踊るところや、シンプルなキムとエドワードのデュエットのところが、印象的だった。ほかの場面での様々な動きが古典的なバレーの動きを一層際立たせていたように思う。

f0064307_23303240.jpg
ダンスをより一層面白くしてくれたのが、Matthew Bourneのトークショー。本人の希望とかで、会場からの質問に応えるという形で30分程度、舞台が終わった後に開かれた。このシザーハンズの主題は?ときかれて、安直に"love"とかかなあって思いきや、"tolerance"と。以外な単語ではあったが、一方で納得。エドワードは「普通」の人と手がはさみというところで違っていて、差別を受け、それを乗り越え、受け入れてもらうというプロセスを経るが、この「はさみ」は皮膚の色でも何でも一緒。また、外見にとらわれない内面の美しさを描き出したかったといっていた。映画からヒントを得たといっていたが、エドワードがチアリーダー姿のキムの写真に人目ぼれするシーンについて、チアリーダーは手にボンボンをもっていて、エドワードは自分との共通点を感じたのではないかといわれ、そこまで考えられているんだと関心。

また、endingが映画とは違っていて、ちょっと曖昧というか幻想的な終わり方になっていることについて、体がバラバラに引き裂かれるというような終わり方も考えたが、みんながどうなったんだろうって考えるような方法にしたかったとのこと。
f0064307_23372755.jpg
振り付け師あるいはダンサーにとって重要なことはとの質問には、"yourself"といっていた。彼にとっては言葉ではなくダンスがstory tellingの手段であり、自分を表現する手段であると。どの分野も最後は"myself"ってことか。それにしても、ダンサーを使って、美しく、かつ、個性的に表現する手段をもっているっていうのはうらやましい。
[PR]

by yokopw | 2006-08-19 23:29 | 芸術  

ヴィーナスの彫刻

f0064307_23113778.jpg
ルーヴル美術館展 「古代ギリシア芸術・神々の遺産」(東京藝術大学大学美術館)へ。
ギリシャ彫刻が中心。それ程展示数は多くないが、パンフレットにもでていた「アルルのヴィーナス」やライオンなどいくつか迫力ある彫刻もあり、なかなか楽しめる。

アルルと比較を交え、ミロのヴィーナスの彫刻について、6分程度の映画が上映されている。3D映像もあって、ミロの腕があったときのポーズなど、想像をかき立てられ、結構興味が湧いた。

まず驚いたのが、ミロのヴィーナスは腰の辺りから上と下とで別のピースであるということ。ギリシャ時代では既に、大理石を効率よく使うということが行われており、腕も元々別のピースとして作られていたらしい。この時代、ふんだんにある大理石を好きなように使っていたのかと勝手に想像していたが、既に効率的に使うということが行われていたのにびっくり!

また、アルルとミロと並べられると、ミロの少し崩し気味の独得の姿勢により、いかに優雅さ・しなやかさが醸し出されているか感じられる。
f0064307_23165442.jpg
さらに、ミロのヴィーナスがすごいのは、古代ギリシャ彫刻のオリジナルということ。古代ギリシャの彫刻は、ブロンズが多かったようで、その後の戦乱で殆どが破壊され、現在残っているものの多くはローマ時代の模刻(レプリカ)。

展示されていたアルルのヴィーナスもローマのレプリカ。ミロとの比較でいえば、両腕があり、リンゴと鏡をもっているが、これは、ルイ14世がヴェルサイユ宮殿に飾った際に、彫刻家に復刻させたものらしい。ローマのレプリカでも結構鼻が落ちてしまったりしているのからすると、ミロのヴィーナスがいかに稀少なものなのか、今更ながら納得。

ヴィーナスの歴史をさらにたどっていくと、プラクシテレス(Praxiteles)という人が最初に女性の裸体を彫刻として残しているらしく、特にクニドス島のアフロディーテ(ヴィーナス)が有名らしい。ミロのヴィーナスも彼の作品が元になっているのではないかとのこと。

ミロのヴィーナスが紀元前1世紀頃らしいが、彼はその300年くらい前。となると、ミロのヴィーナスのさらなるオリジナルっていうのが、2500年くらい前の地球上には存在していたかも??(あるいは、どっかの島に埋まっているのかも……??)
[PR]

by yokopw | 2006-08-16 23:13 | 芸術