Black Book

いやぁ~疲れた。疲れるくらいに最初から引き込まれてしまった。f0064307_22134760.jpg

1944年、第二次大戦中のオランダ、ユダヤ人女性のラヘル(カリス・ファン・ハウテン)は、その美貌と機転と大胆さを駆使して対ナチスのレジスタンス活動を生き抜く。
史実をもとに、誰が敵で誰が味方なのか、サスペンスの要素も取り入れられていて、ドキドキしっぱなし。最初の場面で、戦後、イスラエルでのラヘルが生活しているシーンから始まるため、彼女が死んでしまうことはない!と思って見ていられるのが救いだった。

また、ドイツが降伏した直後、レジスタンス活動をしていた人が英雄としてパレードをすると同時に、ナチス軍に加担したオランダ人が糾弾されるシーンも映し出している。ロバートキャパの写真で、確かフランスだったと思うが、ナチス軍相手に興行していた女性が台の上に坊主にされて並ばされているのを見たことがあったが、そういったシーンも生々しく表現されていた。

最後も、建国直後のイスラエルに場面が移るのだが、銃弾の音が聞こえており、戦争は場を代えて続いているというところまでフォローしているのが、印象的であった。

静かだが途切れずに続くドキドキ感は、ドイツ映画の「トンネル」や「善き人のためのソナタ」を観ている時に感じたものと似ており、実際、この映画でドイツ軍将校のムンツェ役を演じたゼバスティアン・コッホは「トンネル」にも出演しているし、「善き人のためのソナタ」ではドライマンという結構渋い役をやっている。時代設定やテーマとしては、フランス映画「レセパセ」を想起した。

おぉぉ!wikiによると、ゼバスティアン・コッホはカリス・ファン・ハウテンと交際中らしい・・・・映画の中では、果たせぬ恋だったのだが、現実で実るとは・・・
[PR]

by yokopw | 2008-09-28 22:30 | 映画  

<< Bボーイ サラリーマン Hiro (エグザイル) >>