アメリカ政府のメディア予算

GAO(米会計検査院)は、商務省、国防省、国土安全保障省、内務省等7省庁の政府
機関におけるメディア契約状況(2003年10月~2005年3月までのPR,advertising
activities関係経費の集計)を公表

合計で343メディアと約16億ドル(ってことはざっと1800億円くらい?)らしい。う
ち約14億ドル(87%)が広告代理店、約2億ドル(12%)がPR会社との契約。
7省庁のなかは国防省が最多の支出で11億ドルの支出となっている。
内容は多岐にわたっていて、世論調査からキャンペーン関係、放送枠の購入もあれば
メディアトレーニングみたいのもある。
Leo Burnett, Campbell-Ewald, GSD&M, J. Walter Thompson, Frankel & Company,
and Ketchum.
どこまでをメディア契約として定義するかによっても変わってくるし7省庁だけなの
で、政府全体をつかんでいるとは言いがたいが、メディアに焦点をあてた調査をGAO
がだすというのは、それだけ行政府とメディアの関係を議会でも関心を払っていう証
拠でもあり面白い。

PR watch
[PR]

by yokopw | 2006-02-16 20:23 | PR  

<< イタリア人 vs 日本人 / ... Torino Conversa... >>