イノセント・ボイス 12歳の戦場 (VOCES INOCENTES)

1980年代のエルサルバドル。政府軍と、貧しい農民を中心に組織された反政府ゲリラFMLNとの激しい内戦が繰り広げられる中、11歳の少年チャバが懸命に家族を守り、生き抜こうとする姿が、実話をもとに描かれている。
f0064307_23273962.jpg
驚いたのは、当時のエルサルバドルは12歳で徴兵。それも、いきなり政府軍が学校にやってきて、12歳になった少年の名前を読み上げ、誘拐同然で強制的に連行していく。反抗する子は年齢に関係なく連れて行く。学校の先生も一応は抵抗を試みるが、武器をもった相手になすすべはない。それ程、政府軍は絶対的な権力を振るっている。なお、この政府軍を訓練しているのはベトナム戦争帰りのアメリカ兵。
f0064307_23275921.jpg
親は必死に、誕生日が来てもチャバは11歳のままと言って、彼を守ろうとする。しかし、毎日、銃弾にさらされ、信頼していた学校の先生は目の前で政府軍に暴行を受け、最終的には処刑され、初恋の女の子の家は焼かれ、好きなおじさんはゲリラ戦に加わっているという日常が、彼を自立させ、親には内緒でゲリラに志願する。
いくら親が子供扱いしても、徴兵という現実があり、いくら政府軍から逃れられたところで、家にまで銃弾が打ち込まれてくるような中で、残る選択肢として少年たちが思いつくのは、ゲリラ軍に入ること。12歳とはいえ、過酷な選択を迫られる状況が鮮明に描かれている。
f0064307_23281367.jpg
結局、チャバは政府軍につかまり、処刑される直前で幸運にも逃げ出すことができ、最終的にはアメリカに亡命する。10年以上内戦は続いていたわけで、多くの少年がよくわからないままに犠牲になっていったんだろうが、もし生き延びているとすれば、今、30歳くらいだったりすることになる。エルサルバドルは中南米の中でもかなりの経済成長をとげているらしいが、内戦の禍根が薄れるまでに、まだ後半世紀はかかるっていうことなのかな。
[PR]

by yokopw | 2006-11-30 23:28 | 映画  

<< オバマ上院議員 大統領選に向け... スタンドアップ (North... >>