Heat/ ヒート

f0064307_23533793.jpg
★★★★
仕事に全人生をかけるプロフェッショナルな刑事と泥棒の1対1の戦い。
少数先鋭なプロの泥棒集団を率いていたNeil MacCauley(Robert De Niro)は、ついに生涯をかけて守りたい女性を見つけ、銀行強盗を最後に彼女をつれて国外に逃亡するつもりだったが、敏腕刑事Vincent Hanna (Al Pacino)に追い詰められる。

プロフェッショナルな活動を中心としつつ、私生活を挟み込む描き方、徹底したプロフェッショナリズムへの姿勢など、“Insider”と似たような雰囲気を感じると思ったら、監督がMichael Mannsで一緒だった。
刑事と犯罪者という相対立した立場の人間による、緊迫した1対1のやりとりという点で、”Infernal Affairs”を連想する。
f0064307_235404.jpg
確かに早い展開にドラマ性が加わって170分飽きないものの、もう少しPacino やDe Niroのプライベートの部分を削って120分くらいにした方がよかったのではないかと思う。家庭を犠牲にして仕事に取り組んでいるプロとしての姿勢はよく伝わってくるものの、プライベートな部分にかなりの時間もさいている割には終わり方があっさりっていう印象を受けてしまった。
[PR]

by yokopw | 2006-05-29 23:04 | 映画  

<< さよなら、さよなら、ハリウッド... クアエロ (Quaero) :... >>