「ほっ」と。キャンペーン

田中均「プロフェッショナルの交渉力」(2009)

 小泉政権下で北朝鮮拉致被害者帰国が実現した2002年当時、アジア太平洋局長として中心的ポジションにいたことから、その時の交渉経過などもう少し具体的な記述があるかと期待したのだが、ところどころ実務での経験が引用されているものの、それ程新鮮な内容の記述があるわけではなく、がっかり。北朝鮮関係も、逆にマスコミからのバッシングへの反論のような視点が中心で、もう少し客観的な記述がほしかった。
 経験を記述のためのフレームがないために、散漫な印象になってしまうのかとも感じたが、このフレームというのがなかなか難しいのだなぁ。
[PR]

by yokopw | 2009-12-30 11:46 |  

岡義武「近代日本の政治家」(1... >>