「ほっ」と。キャンペーン

WBC やっぱりイチロー・・・

Excite エキサイト : スポーツニュース

もちろん、野球はチームスポーツであり、誰が!っていうものでもないが、しかし、決勝戦までの試合で、ここぞ、っていうときに点をとってきたのは、明らかに、青木、内川、城島、中島などの選手だったし、加えて、岩隈、松坂をはじめとする投手の活躍だった。

正直、何でスポーツニュースは、いつも、イチローが打った打たないに焦点があたり、インタビューもイチロー中心で、他の選手をもっと公平に評価しないのか、不満であった。

一方、前回のWBCとは違い、不振に喘いだイチローのコメントは、いつになく「折れかけていた心がほぼ折れた」など、素直に自分の心を表現していたのに興味をひかれた。リーダーでありながら、チームを引っ張れない辛さは相当のものだったのであろう。

そして、決勝の延長戦。「神が降りた!」2点タイムリー。もちろん、勝負事には運不運はつきものだが、やはり、目茶目茶大一番で神を呼び込めるところに、イチローのすごさをまざまざと見せつける1球だった。脱帽!

延長になったおかげで、大きな感動をもらえた決勝戦だった。

ところで、岩隈には、これを機に、メジャーに是非いってもらいたいなぁ
[PR]

by yokopw | 2009-03-24 18:01 | leadership  

<< 僕は脳性まひのトップセールスマン スキンバンク と 中川大臣出席... >>