「ほっ」と。キャンペーン

オバマ 大統領就任演説

アメリカ人の友人が朝3時に起きて、就任演説の会場である連邦議事堂からリンカーン・メモリアルまで続くNational Mollと呼ばれるエリアに突入し、就任式を観た感想をメールしてくれた。彼女は民主党員であり、ブッシュ政権を痛烈に批判するとともにオバマ就任を非常に喜んでいる。

すごい人ゴミと寒さで、押したり押されたりでイライラしそうになると、「obama! obama!」とどこからともなく声があがったという。

特に感心した部分が、「この難しい状況の中、困難な仕事を引き受けてくれた(step up to the plate)オバマ大統領とその夫人に感謝する」という表現。これまで、日本の政治家に対し、例えば、麻生さんが総理を引き受けてくれて感謝する、というような感覚を持ったことがなかった。すごく新鮮に思えた。

別の知り合いからも就任式に参加したという話を以前に聞いた。彼は弁護士で同僚と一緒に参加したらしいが、彼の話は"faithfully"の位置が間違っていたことがすぐにわかり、これは無効なんだろかどうだろうかという話で盛り上がった!という話が中心だった(この宣誓は、無効かどうかは別として、翌日やり直しとなる)。

同じ場にいても人の受け取り方は様々で、おもしろい。
[PR]

by yokopw | 2009-02-01 14:58 | leadership  

<< フェデラー 涙 チェ 39歳 別れの手紙 (G... >>